グアム政府の緊急マニュアルから前編(8月13日)

北朝鮮とアメリカの対立が先鋭化しています。
二つ、もしくはそれ以上の数の国家同士が戦闘行為を激化させる場合はテロではなく、
国家の安全保障の問題ですので、当サイトの守備範囲の外となります。

ただし、北朝鮮から核兵器を搭載したミサイルの標的として名指しされた
グアム政府(アメリカの準州政府)が発表した緊急事態発生時のガイドラインは
非常によくまとまっています。

日本に万が一ミサイルが落ちてきた場合、または大規模なテロ攻撃はもちろんのこと、
自然災害発生時大規模なライフラインの寸断といった事態にも役に立つものです。
特に緊急時に必要な資材をまとめたリストは重要ですので、二回にわたってご紹介します。
(一部弊社にて日本の事情に合わせた翻訳を行っています)

英語が得意な方はグアム政府のホームページで直接ご確認ください。

http://ghs.guam.gov/

 

1.常時携帯すべきもの
・携帯電話と充電器
・家族の連絡先、避難&集合計画
・手回しラジオもしくは電池式ラジオ
・保険証のコピー
・薬の処方箋のコピー
・家族の医療記録(母子手帳やお薬手帳等)
・その他重要な書類
・トランシーバー

2.絶対に必要な物資
・現金
・救急セット
・服用している薬
・一人当たり約4リットルの水
・7日分の食料(缶詰、野菜、肉等)
・缶切り
・懐中電灯と電池
・ろうそくとマッチ
・レンチとペンチ
・毛布
・日焼け止め、虫よけ
・ビニール袋、ガムテープ
・予備のメガネもしくはコンタクトレンズ
・非常用の呼子笛

3.場合によって必要な物資
・ポータブルのガスコンロ
・紙製のコップ、お皿
・使い捨ての食器類
(弊社追記:ラップ類も便利です)
・ウェットティッシュ
・着替え
・雨具
・丈夫な靴
・子供が安心できるもの(ぬいぐるみや毛布)
・ペットとその動物に必要な物資