グアム政府の緊急マニュアルから後編(8月14日)

前回に引き続き、北朝鮮のミサイル発射に備えた
グアム政府の緊急事態ガイドラインの内容を日本語でお伝えします。

 

Q:緊急時用のグッズセットは何に保管する? 

A:プラスチックのバケツかクーラーボックス。少人数の場合には持ち出しが可能なリュックサックに入れておいてもOK。

Q:物資セットはどこに保管する?

A:家族が集合する場所に保管しましょう。自宅もしくは避難所(近隣の学校等)。あらかじめ、どういう事態の際に、家族がどこに集合すべきか決めておきます。誰がどこにいるかを書き込むメモが準備できているとなおよいでしょう。

Q:緊急時用のグッズセットは複数必要?

A:人数に合わせてセットを作りましょう。キットは自宅に一つ、車の中に一つ、仕事場に一つ、と置いてもよいでしょう。

Q:グッズセットは何日分が目安?

A:発生した事態にもよりますが、10日分を用意しておけば大抵の事態を乗り切れるのではないかと思われます。特に水と薬は大切です。

Q:予備で持っておくとよいものは?

A:着替え、携帯の電池パック、二台目のラジオ、電池、紙と筆記用具、などがあればよいでしょう。