安全対策担当者におススメ!治安犯罪関連単語帳(カスタマイズ可能)

「専門用語」はとっつきにくい。まして英語は特に・・・

どんな業界、分野にも「専門用語」というものがあります。日本語であれ、英語であれ、その業界に特有の言葉、というのは一度聞いただけでは意味が分からない単語がたくさんあるもの。日本語の場合はそもそも感じの読み方がわからないというケースもありますね。

一例を挙げるのであれば

「鐙」

「鉗子」

「電凸」

などはそれぞれ特定の業界でごくごく当たり前に使われている用語。ただ、その業界に縁のない方には読み方すらわからないものではないでしょうか?(ご関心ある方はぜひコピペして読み方・意味を調べてみてください)

安全対策の世界もこういった状況は同じ。

人事異動や社内の安全対策体制強化に伴って、

「明日から安全管理に関する業務をやってください」

と言われた方にとってみれば、何をやっていいかよくわからない、という状況以前にそもそも専門用語が読めない、意味が分からない、となるはずです。さらに海外での安全対策をやろうとすると、英語やフランス語、現地語の専門用語も覚えなければなりません。外国語であっても日常会話や一般的なビジネスであればお茶の子さいさい、という方でも不慣れな安全対策分野で使われる単語も大体わかる、という方はごく少数のはず。日本語ですら聞いたことのない単語が飛び交うわけですのでそれも当然でしょう。

専門用語は業務に慣れてくればいずれ覚えるのですが、慣れないうちはいちいち単語の意味を調べる、何度も同じ単語を調べる、といった「イライラする」「無意味な」時間が生まれませんか?そういった実務担当者の方に少しでもお役に立てるよう、治安や犯罪に関係する専門用語をリスト化し、日本語訳も並べてみました。

【次ページでは・・・カスタマイズ可能な用語集(エクセル)を無料公開します】