【参考情報】麻薬の運び屋役を直前で回避した事例

邦人男性の危機回避事例

時事通信によれば、2018年12月10日、タイから使って麻薬を輸出しようと日本人男性に運び屋役をやらせようとした罪で、イラン人が逮捕されたとのこと。報道に基づくとこの日本人男性は「旅行記を書けば旅行代が無料になる」というモニター旅行に応募し、タイからフランクフルトへの荷物預かりを要求されたとのこと。

渡されたスーツケースを不審に思い中身を確認したところ、麻薬をしみ込ませた衣服が入っており、日本大使館に相談したことから、犯人逮捕に至ったようです。

   

現時点では本件について日本政府外務省や在タイ日本国大使館から何らかのコメントや滞在中の日本人に対する追加的な注意喚起(スポット情報)などは発せられていません。ただし、日本語メディアとの関係性の薄いサウスチャイナモーニングポストなども英文で同じ事件を報じており、事件の発生やタイ警察によるイラン人逮捕は事実であろうと考えられます。

 

本件、場合によってはかなり危険な事件ではありますが、巻き込まれた男性は文字通り土壇場で危機を回避しました。命を危険に晒すこともなく、相談先も日本大使館という唯一絶対の正解を選ばれています(もし最初にタイ警察に相談した場合、逮捕されていた可能性もありましたがサウスチャイナモーニングポストの記事によるとこの男性は無実とされています)。

   

我々は詐欺のような特殊犯罪の専門家ではありませんが、海外で日本人が自分の身を守るために重要な話が含まれていますので、簡単ではありますがコラムの題材として取り上げたいと思います。

    【次ページでは・・・本事案の発端で男性に否があったのか改めて確認してみましょう】