不適切動画投稿者と無防備な旅行者は同じ

「ここまで騒ぎになるなんて…」という不適切動画拡散事件

お久しぶりです、代表の尾崎です。

私自身はあまり興味を持っていなかったのですが、周囲の方からいろいろ教えていただいて、ほほう、と感じたことが続きましたのでつぶやいてみたいと思います。

 

一時期下火になっていたように思いますが、最近いわゆる「バイトテロ」というのでしょうか、従業員による不適切動画投稿が話題になっています。尾崎が聞いた話では飲食店やコンビニ等の従業員が食品を不衛生に扱う動画をSNSに投稿し拡散、会社から多額の損害賠償を求められる事例もあるとのことでした。(バカッター、バカスタグラムという言葉も生まれているようですね)

 

特に飲食物は直接お客さんが口に入れるものですから、最低限の衛生状態は守られていて欲しいもの(途上国ではそんなこと言ってるとすぐ飢えてしまいますが・・・)。日本国内での常識に照らせば、たとえどんな雇用形態で働いていたとしても食品(商品)を不衛生に扱うことは許されません。ましてそれを誰もが見られる状態で動画を公開する、という行為に至っては尾崎の理解できる行動ではありません。

 

損害賠償を求められた方の一部は憔悴しきっているとの報道も目にしました。実際に動画を撮影したり、公開したことについて

 

「こんなことになるなんて・・」

「軽い遊びのつもりだったのに・・・」

 

という感覚なのかもしれませんが、結果は想定の範囲外に深刻になってしまったのでしょう。

 

尾崎自身、世間の制約などに縛られすぎることには否定的ですが、さすがにこうした「バイトテロ」行為の張本人には同情する気持ちにはなれません。意図的なサボタージュや悪意ある行為ではなく一生懸命やって失敗したのであれば、仕方ないと思うのですけどね。もうちょっとよく考えて、行動したらどうでしょうか、としか言えません。

 

こうした不適切動画問題は広く取り上げられているのですが、海外の安全対策でも似たような無謀行為が頻発しています。

 

【次ページでは・・・無謀な海外旅行者の事例をご紹介します】