車両の中にも「非常用持ち出しカバン」を!

移動中のリスクは高い

海外でテロや襲撃に巻き込まれる場合、どこで巻き込まれる可能性が高いでしょうか?

 

 自宅やホテルのような宿泊先?

 現地事務所/支社や倉庫等の勤務場所?

 街中のレストランやショッピングセンター?

 市内や都市部から郊外への移動中?

 

さまざまなケースが想定されますし、滞在されている国や地域にもよりますが、自宅やホテルのように一般的に外壁が強固な場所はそれなりに安全性が高いです。同じようにオフィスビル等に入居している場合の現地事務所/支社や倉庫、一定以上の警備がなされているレストランやショッピングセンターなども守りが比較的固く、よほど大規模なテロ攻撃、襲撃が実行されない限り、被害は発生しづらいといえます。

 

高く強固な壁を複数の警備員が守っている場合、十分な武器弾薬と戦闘訓練を受けた人間が複数いないとテロや襲撃は外壁で防がれる

 

他方で、市内や都市部から郊外への移動時はどうでしょうか?読者の皆さんがアメリカ大統領や日本の首相と同等の防弾車を使うことができ、警備の車列を用意することができるのであれば話は別ですが、通常は一般車両のまま移動されるのではないでしょうか?つまり薄い金属の車体以外に守ってくれるものはありません。まして、徒歩の場合は皆さんご自身がむき出しの状態で移動していることになるので、近傍でテロ等が発生した場合、逃げる以外に身を守れる術がありません。

 

万が一テロや襲撃に巻き込まれた際のダメージが最も大きいのは移動中なのです。加えて、テロや襲撃、そして誘拐を実行しようと計画する側に皆さんが狙われた場合、いつ犯行に及ぶのが合理的でしょうか?移動情報が事前にわかっている(襲撃する場所を定められる)のであれば、障壁となる物理的な防御設備が少なく、またその強度も低い車両や徒歩での移動中の犯行が最も容易なはずですね。

 

つまり、海外でのテロや襲撃への備えは各拠点(宿泊先や事務所等)以上に移動中の警戒が重要なのです。そのために、前回前々回のコラムでしつこく移動中のリスク管理をご説明させていただきました。

 

 

 

【次ページでは・・・宿泊先や事務所には備えているのに、移動中に備えていないことが多いものをご紹介します】