開発途上国で子育てをされる方へ~「不便」だからこそ~

海外駐在先によるイメージの違い

これまで、海外赴任と言えば、アメリカのニューヨークやフランスのパリ、イギリスのロンドンといった先進国の首都への駐在が多かったと思います。そうした国はいわゆる先進国ですので、現地の文化や事情はそれぞれあるとは言え、日本で暮らす際とそん色のない衣食住が期待できました。加えて生活の質に直結するインフラ設備や衛生環境、教育環境等も既に存在しているという前提で赴任できました。

日本に残ることになるご両親や結婚相手、友人らからも海外赴任について祝福されたり、羨ましがられたりすることはあっても、

 

「そんなところに行って大丈夫?」

 

という言葉をかけられることはなかったのではないでしょうか?日本よりも快適な国はそれほど多くないにも関わらず、先進国への海外駐在は好ましいもの、というイメージが強いようです。

 

しかしながら、前回お伝えしたように、今後企業が進出するのはアメリカやフランス、イギリスばかりではありません。ベトナムであったり、インドであったり、タンザニアやケニアのようなアフリカの国だったりということが考えられます。そうです。これまでご説明してきたような開発途上国への進出が増えるのです。

 

 

カンボジア首都プノンペンのマーケット(参考映像)

 

開発途上国に進出する日本企業が増えるこれからの時代、開発途上国に働き盛りかつ子育て世代の皆さんが派遣される可能性も高くなるということですよね。では、そうした開発途上国への赴任が決まった際、皆さんはご家族との関係をどう考えますか?

 

 どんなところかわからないので家族は連れて行けない

 家族とは離れ離れになりたくないけど、生活環境が整うか心配

 安全上家族を連れていくには不安が大きい

 自分や配偶者の親の理解がなかなか得られない

 

といった点で出発前から大騒ぎになるかもしれません。

 

「開発途上国に赴任するくらいなら会社を退職します!」

 

と言い切れる方は別として、辞令に従って海外赴任する方は否応なくご家族との過ごし方を見つめなおすことになるのではないでしょうか?

 

【次ページでは・・・開発途上国の駐在だから単身赴任というわけではありません】