0.セントルシアにおける日本人向けの緊急連絡先

◎在トリニダード・トバゴ日本国大使館  :+1-868‐628-5991

セントルシアには日本政府外務省の在外公館は存在しておらず、トリニダード・トバゴにある日本国大使館がセントルシアも管轄しています。

(注:日本の携帯電話からかける場合機種にもよりますが、「0」の長押し、もしくは「*」を二回押すと「+」が入力できます)

◎警察   :999

◎救急/消防 :911

 

1.総論

セントルシアに対しては、各国政府とも安全度が高いと評価しています。いずれの政府もテロや一般犯罪についての強い注意喚起は一切ありません。

 

【海外安全.jpのコメント】

各国政府とも、セントルシアへ渡航する国民への注意喚起は最小限です。住民同士の殺人件数は多く、また薬物の蔓延に伴い犯罪件数も増加傾向ではありますが、外国人が凶悪犯罪に巻き込まれる事例は稀です。過去にテロも発生していません。

多額の現金を持ち歩かない、ひと気のない場所で一人で歩かない、といった最低限の注意で安全に過ごせる国と言えます。

 

 

2.日本政府の危険情報

 

全土に対し、特段の注意喚起はありません。クルーズ船等により入国する外国人が訪れる地域は警察当局による警戒が強固であり、外国人の凶悪犯罪被害はまれと記載されています。

ただし、小さい島国で人口も少ないにも関わらず、凶悪犯罪の発生件数は多く、特に人口10万人当たりの殺人件数32人と日本の100倍以上となっていること、また違法薬物の蔓延も社会問題となっていることが明記されており、注意を怠らないよう呼びかけられています。

特に首都カストリーズ市内の犯罪が多発する特定の地区(Chaussee Roadから東側、George V ParkからMarry Ann Streetまでの間)には絶対に立ち入らないよう具体的に呼びかけられています。

 

 

3.アメリカ政府のトラベルアドバイザリー

全土

特段の注意喚起はありません。
全土が「一般的な注意を払ってください:Exercise normal precaution」の対象です。

 

4.イギリス政府のトラベルアドバイス

特段の注意喚起はありません。

 

 

5.オーストラリア政府のトラベルアドバイス

 

オーストラリア政府は4段階の色分け+白(評価なし)の5段階のレベルわけを行っています。

セントルシアは全土が最もリスクレベルの低い白(評価なし)となっており、特段の注意喚起はありません。

 

6.最近の治安ニュース

(リンク挿入予定)