0.ネパールにおける日本人向けの緊急連絡先

◎在ネパール日本国総領事館  :+977-(0)1‐4426-680

 

(注:日本の携帯電話からかける場合機種にもよりますが、「0」の長押し、もしくは「*」を二回押すと「+」が入力できます)

◎警察 : 100

◎消防 : 101

1.総論

ネパールに対しては四か国とも政治的なデモ、ゼネラルストライキ(バンダ)への警戒が必要であある点注意喚起しています。イギリス政府は比較的危険情報レベルが低いですが、それ以外の参加国はネパールの全土あるいは大部分について、一定以上のセキュリティレベルを設定しています。

 

大きなテロ事件等は発生していませんが、地震や洪水、地滑り等の自然災害被害はたびたび発生している点も複数の国のアドバイスに記載されています。

 

一般犯罪への注意はそれほど強いトーンで記載されていませんが、特に日本政府外務省は「日本人は裕福だと思われる」点を強調しており、スリや置き引き等への注意を怠らないよう呼び掛けています。

 

【海外安全.jpのコメント】

現在のネパールで危険があるとすれば、政治的活動に関連した小規模な爆発に巻き込まれること、またゼネラルストライキで移動が困難になり、目的地に到達できないこと、が挙げられます。いずれも政治的な背景があるため、特に選挙や政治集会が行われる予定の有無を旅行前に確認しておくことが重要です。

また、現地滞在中もゼネラルストライキの予告等は現地日本大使館や現地メディアを通じて常時入手できるようにしておくことをおススメします。

 

自然災害は対策の余地が限られますが、特に山間の地域が多いネパールでは、数日~一週間程度、移動が困難になるケースも想定して入念な準備をしておくことが無難です。

 

2.日本政府の危険情報

◎「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」が設定されている地域は以下の通りです。

極西部(カイラリ郡,バジャン郡,バジュラ郡,アチャム郡)

中西部(バケ郡,スルケット郡,ジュムラ郡,ダン郡,バルディア郡,ロルパ郡,ルクム郡,サリヤン郡,ジャジャルコット郡,カリコット郡,ダイレク郡,ピュータン郡)中部(パルサ郡・バラ郡・ラウタハト郡・サルラヒ郡・マハッタリ郡・ダヌシャ郡の各東西ハイウェイから南方地域)

東部(シラハ郡とサプタリ郡の各東西マヘンドラハイウェイから南方地域)

 

◎「レベル1:十分注意してください」が設定されている地域は以下の通りです。

その他の地域(フムラ郡,ムグ郡,ムスタン郡,マナン郡,ラスワ郡,ソルクンブ郡のクンブ地区を除く)

 

◎フムラ郡,ムグ郡,ムスタン郡,マナン郡,ラスワ郡,ソルクンブ郡のクンブ地区には特段の危険情報は設定されていません。

 

ネパール国内で日本人が巻き込まれたテロは発生しておらず、また、日本人・日本権益に対して直接脅威を与えるテロ組織も存在していない、との記載があります。ただし、爆発物が使用される事件も発生していることを踏まえ、テロの巻き添え被害を避けるよう注意喚起がなされています。

 

政治的な不安定さは残っており、特に政党が呼び掛けるゼネラルストライキ(バンダ)が実行されると、各種の交通機関が麻痺し移動が困難になること、またバンダに乗じた暴力行為の恐れもあることが記載されています。

 

一般犯罪の発生率は比較的低いとされていますが、日本人は裕福だと思われ一般犯罪の標的となり得ることに対し注意喚起がなされています。

 

3.アメリカ政府のトラベルアドバイザリー

全土

 

特に政治的な背景で暴力行為が行われる可能性が指摘されており、全土が「十分警戒してください:Exercise increased caution」の対象となっています。特に政治的なデモや群衆を避けるよう注意喚起がなされています。

 

4.イギリス政府のトラベルアドバイス

全土が「渡航前に注意事項を確認してください:See our travel advice before travelling」の対象となっています。特段の注意事項はありませんが、地震やモンスーン期(6月~9月)の洪水、地滑りといった自然災害への注意喚起があります。

 

5.オーストラリア政府のトラベルアドバイス

 

オーストラリア政府は4段階の色分け+白(評価なし)の5段階のレベルわけを行っています。ネパールは全土が下から三番目の「十分警戒してください:Exercise high degree of caution」に指定されています。

政治的なデモが発生すること、自然災害も頻発していること、加えて単独でのトレッキングが危険であること等が明記されています。ネパールを旅行中は常に地元のニュース等に注意し、自身の安全確保に最善を尽くすよう注意喚起がなされています。

6.最近の治安ニュース

(リンク挿入予定)