0.ラオスにおける日本人向けの緊急連絡先

◎在ラオス日本国大使館  :+856‐(0)21‐414‐400~403

 

(注:日本の携帯電話からかける場合機種にもよりますが、「0」の長押し、もしくは「*」を二回押すと「+」が入力できます)

◎警察  :1191

◎救急  :1195

◎消防  :1190

 

1.総論

ラオスに対しては、中部サイソンブン県を除けば、各国政府とも安全は確保されていると評価しています。ただし、日本政府外務省はサイソンブン県のみならずその隣接地もレベルを高めている点、ご確認ください。サイソンブン県では2015年以降、外国人が被害に遭った銃撃事件がしばしば発生している他、反政府勢力と政府機関の衝突も散発しているため、この地域は四か国とも注意喚起レベルを高めています。
ラオスでは、過去に大規模なテロ等は発生しておらず、テロへの警戒を呼び掛けるアドバイスは各国ともありません。他方で、犯罪について、特に日本政府外務省は銃器やナイフを用いた強盗事件が増加傾向にあることを踏まえ、首都ビエンチャン市内での犯罪に十分注意するよう呼び掛けています。英国およびオーストラリア政府も一般犯罪に注意するよう明記しています。

 

【海外安全.jpのコメント】

各国政府とも、ラオス中部サイソンブン県への渡航はできれば控えるよう記載されています。業務上どうしてもサイソンブン県に入らなければならない理由がなければ、立ち入りを控えることが賢明です。

それ以外の地域にはそれほど強い注意関係はなされていません。過去同国で大規模なテロが発生したことはなく、また国際テロ組織がラオスに流入していく可能性も現時点でそれほど高くはないと考えています。ただし、どの国も特に観光客、外国人を狙った一般犯罪は増加傾向である旨記載しており、一般犯罪には注意が必要です。

 

 

2.日本政府の危険情報

 

中部サイソンブン県とその隣接地域に全土に対し、「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」が設定されています。それ以外の地域は「レベル1:十分注意してください」にとどまっています。

サイソンブン県を中心に反政府勢力の活動が観察されること、車両等を狙った襲撃事件や爆発事件、政府軍との衝突も発生していることから、安全のため同地に立ち入ることを推奨していません。

 

首都ビエンチャン市内での拳銃やナイフを用いた強盗事件が増えていること、またその犯行手法が凶悪化していることが記載されています。オートバイを用いたひったくりや路上強盗も頻発しており、日本人のみならず外国人も被害に遭った事例が多い点明記されています。特に歩行中に携帯電話やタブレット等の電子機器を操作する際が要注意であることが強調されています。

 

なお、ラオスでは薬物犯罪が厳重に取り締まられており、過去に外国人も死刑判決を受けていることが記載されています。安易に薬物に手を染める、輸出入に関わることは絶対に避けるよう呼び掛けています。

 ラオス国内では,禁止薬物が大量に流通しています。首都圏はもとより,地方都市においても安価に手に入ることから,多くの外国人旅行者等が利用していると言われており,2012年には邦人の逮捕者もでています。薬物使用等の罰則については最高刑で死刑の適用もありますので,興味本位で薬物に手を染めることは絶対に避けてください。
2014年には,外国人女性がワッタイ国際空港へ麻薬を密輸しようとしたところ,摘発され,逮捕されました。その後,同人は,死刑判決を受けました。安易に人から荷物を預からない(特に報酬がある場合には,注意)よう注意してください。
また,2015年には,複数の外国人が麻薬所持容疑で死刑判決を受けています。裁判所は,麻薬事犯に対し年間20名に死刑判決を下しています。

 

 

3.アメリカ政府のトラベルアドバイザリー

サイソンブン県

市民騒擾、反政府武装勢力の活動が観察されるため、「渡航の必要性を再検討してください:Reconsider travel」が設定されています。

ミャンマーとの国境付近およびサバナケット県、シエンクアン県、サラバン県、カムアン県、セコン県、チャンパサック県、フワパン県、アタプー県、ルアンプラバン県、ビエンチャン県及び国道7号、9号、20号沿線

これら地域では不発弾が見つかることがあるため、「渡航の必要性を再検討してください:Reconsider travel」が設定されています。

上記地域を除く全土

強い注意喚起はありませんが、一部地域での反政府武装勢力の活動や内戦時代の不発弾などのリスクが指摘されています。大部分の地域は「一般的な注意を払ってください:Exercise normal precaution」の対象です。

 

4.イギリス政府のトラベルアドバイス

サイソンブン県に対し、「必要不可欠な渡航以外は避けてください:Advise against all but essential travel」が設定されています。同県では外国人に対する銃撃などが2015年以降時折発生しており、レベルが高く設定されています。

サイソンブン県以外は「渡航前に注意事項を確認してください:See our travel advice before travelling」となっており、特段安全上の注意喚起はありません。ただし、パスポート等身分証明書を常時携帯するよう推奨されており、保有していない場合は重い罰金が科される点明記されています。

 

 

5.オーストラリア政府のトラベルアドバイス

 

オーストラリア政府は4段階の色分け+白(評価なし)の5段階のレベルわけを行っています。ラオスに対しては中分サイソンブン県に対して、上から二番目の「渡航の必要性を再検討してください:Reconsider your need to travel」が設定されています。

サイソンブン県を除く全土は下から二番目の「一般的な注意を払ってください:Exercise normal safety precautions」となっており、特段の注意喚起はありません。ただし、常識に従って、不審な動きをする人物や不審物があれば警戒するように呼び掛けています。

 

6.最近の治安ニュース

(リンク挿入予定)