マニュアル、業務手順書はなぜ無視されるのか

日本政府厚生労働省の統計不正

日本政府厚生労働省が、「基幹統計」に指定された毎月勤労統計調査を不適切な方法で集計、発表していたことが波紋を呼んでいます。大きな企業すべてのデータを入手し、集計することが本来定められた調査方法でしたが、省内の独自判断で抽出調査に変更、作業の手間を簡素化していたことが事の発端と報じられています。

この毎月勤労統計調査は日本の経済状況を把握するために日本はもちろん、世界でも活用されていました。そのため、そもそも日本の景気判断が間違っていたのではないか?との疑惑にもつながっています。加えて、この統計調査を基に日本全国の平均的な給与額を算出し、雇用保険や労災保険等の支払額に活用していました。大元になる統計で手抜き作業が発覚したことで、平均的な給与額が低く算出されていたことも判明。2004年以降に関連の保険給付金を受け取っていた方、約2000万人が本来受け取れる金額よりも少ない金額しか受給できていなかった可能性が報じられています。

 

本HPは行政機関のチェックを目的とはしていませんので、これ以上の詳細には触れませんが、本来あるべき姿が歪められた大きな問題であることは間違いありません。

 

 

一点勘違いしてはいけないのは、抽出調査そのものが問題ではないという点です。いかなる調査であれ、「抽出調査をする」と決めてその通り統計をまとめていればその統計は正しく取りまとめられていたと言えます。そして、同じ調査手法に基づく集計結果が継続して発表されていれば、その結果への疑義も生じません。

 

今回の問題の核心は「定められた調査手法を担当部門の都合で勝手に変更し、その変更を外部に一切公表していなかったこと」であると言えるでしょう。

 

 

【次ページでは・・・厚生労働省以外でも発生しているマニュアル無視、業務手順書無視の事例を紹介します】