海外の事務所や拠点で避難訓練してますか?

テロや襲撃以上に身近なリスクに備えていますか?

 

当サイトでは日頃テロや襲撃、もしくは銃器などを用いた凶悪犯罪を主たるテーマに取り上げています。こうした事態は日本ではほとんど経験することがなく、大多数の日本人/日本企業の皆さんがイメージしづらいはずです。このため、安全対策も後手に回ることが多く、準備が十分でないケースも散見されます。

 

このため、当サイトでは、海外では日本と違いテロや襲撃、凶悪犯罪のリスクがあること、そしてその対策方法についてわかりやすく解説するように心がけています。他方で、我々がおろそかにしているのは日本でも海外でも共通して発生するリスク。例えば火災や地震です。こうしたリスクは人間が意図的に暴力行為を行わずとも発生しうるため、日本ではテロや襲撃と比して圧倒的に発生頻度が高いです。

 

先般発生したニュージーランドのテロなど、「〇人死亡!」といったインパクトのあるニュースにつられ海外での安全対策といえばテロ、襲撃、拳銃強盗と思いがちですが、日本でも身近なリスクも忘れずに備える必要があるのです。

 

世界の地震多発地帯マップ(CBCホームページより)

 

【次ページでは・・・海外で火災や地震の被害に遭うとどうなるでしょうか?】