「戦争」とテロは別物

二国間関係が緊張すると・・・

代表の尾崎です。

 

先週世界で大きく報道されたニュースの中に、二国間関係の緊張に関連するものが二つありました。

一つはインドとパキスタンの緊張の高まり。もう一つはアメリカトランプ大統領と北朝鮮金正恩総書記の交渉決裂です。いずれも核兵器を用いた攻撃が可能と思われる国同士の対立につながりかねない出来事でした。

 

特に前者、インドとパキスタンの間ではインド側がパキスタンが実効支配する領域で爆発物を投下したり、パキスタン側がインドの戦闘機を撃墜し、一時的にインド軍パイロットを拘束したり、といった状況にもなりました。大々的な「戦争」とは言えないものの、局所的な「戦争」があったと表現しても言い過ぎではなかったのかもしれません。

 

パキスタン側は首相からインド側に対話を呼びかけたほか、一時拘束したインド軍パイロットを解放するなど徐々に関係改善の兆しもうかがえます。インド側からのさらなる戦闘機の侵入に備えてパキスタン国内を発着する航空便が約4日間にわたり全面的に運航停止していましたが、こちらも運航が再開されています。

EURO NEWSで公開されている地元TV局の放送キャプチャ

 

米朝首脳会談の決裂も一瞬、

 

「本当に大丈夫なのか??」

 

と感じましたが、その後現時点ではミサイル発射や核実験等「戦争」の危機に近づくような状況にはなっていません。今後どのような展開になるかはわかりませんが、当面多くの人が命の危険にさらされる状況は避けられたのではないでしょうか?

 

【次ページでは・・・国家と国家の武力衝突という悪夢について改めて考えてみましょう】