開発途上国で子育てをされる方へ~海外駐在の実態~

海外進出増は「既に起こった未来」

海外赴任の辞令を受けて、家族全員で赴任するかを考える前に、海外駐在の実態をデータから俯瞰してみましょう。

 

新聞やテレビ等で話題になっている通り、日本国内の人口は減っていくことが確定的です。また、人口が減るだけでなく、高齢化も急激に進みます。経済学的な解説はここでは省きますが、日本国内だけで商売をしていては、どの企業も成長しないことはイメージできるのではないでしょうか?

 

「このまま日本国内にいる人だけを相手にしていた商売では会社が成長できないどころか、経営が行き詰ってしまう・・・。」

 

経営者の皆さんはこのようにして海外進出という選択肢を取ります(取らざるを得ません)。

 

つまり、日本の少子高齢化は「既に起こった未来」であり、その結果として想定される日本企業各社の海外進出増も「既に起こった未来」と言えます。そして、当然ながら日本企業の海外進出が増えれば増えるほど、企業で雇用されている従業員の海外赴任も増えるのです。

 

これは机上の空論ではありません。次の図をご覧ください。これは日本政府外務省が毎年発表している海外在留邦人数調査統計を基に当サイトが作成したものです。毎年海外に長期間滞在する日本人の数、そして日本企業の海外現地拠点数が増えていることが一目でわかります。

 

このトレンドは日本の人口動態を考えてもそう簡単に変わりそうにありません。このため、以下のような順で、海外での子育てをされる方も今まで以上に増えていくことは間違いない、と当サイトでは考えています。

 

 海外で仕事をされる日本人の方が増える

        ↓

 海外で生活する日本人世帯が増える

        ↓

 海外で子育てをする親御さんが増える

 

つまり、日本人の働き盛り世代(20代~40代)で海外での仕事を経験する方の割合は右肩上がりで増えていくことが想定されます。働き盛り世代の年齢層から考えれば、子育て中の方も多いでしょうから、海外での子育て経験を持つ日本の家庭もどんどん増えていくことになりますね。昔ほど海外駐在が稀ではなくなり、海外での子育てもレアではないという時代を我々は生きることになるのです。

 

 

【次ページでは・・・開発途上国への駐在が急増している実態をご紹介します】