最優先で伝えるべき安全情報を浮き彫りにする方法

安全対策に必要な情報を絞り込む

前回の記事では海外の事業現場で活躍される方に対し、本当に必要な情報だけを伝えることが効果的な安全対策であることをお伝えしました。

 

 過去数年間に発生した凶悪犯罪をすべて伝える

 国内で活動しているとされるテロ組織をすべて記憶させる

 欧米諸国でも発生しているテロの手口の一つ一つを細かく説明する

 

といった安全情報の提供をしてしまうと、聞き手が受け止めることができなくなります。特に短期間の滞在となる観光や出張の場合は、必要最低限、何があってもその国で守らなければならないルールだけを徹底して伝えるほうが、効果的なのではないでしょうか?

 

例えば

 

 テロに巻き込まれるリスクが高いのでこのエリアには近づかない!

 万が一テロや事故に巻き込まれたらすぐ安全対策担当者に連絡せよ!

 日本と違いスリや置き引きが非常に多いので、絶対に貴重品を手元から離さず、目も離すな!

 

といった三点に絞るといった工夫をしてみてはどうでしょうか?1時間半にわたり網羅的に安全対策の話をするよりも、30分間の間に、この三点を2回か3回繰り返し伝えたほうが、聞き手にとっては記憶に強く残るはずです。

 

ただ、安全対策担当者の立場では、これ以外のリスクも存在していることを承知の上で、伝える情報を絞り込むという難しい作業が発生します。どの情報を伝えて、どの情報は軽く触れる程度でとどめておくのか。この匙加減が極めて難しいのです。もし自分の判断で強調しなかったリスクに旅行者や出張者が巻き込まれたら・・・と考え始めると結局一時間以上かけて網羅的に説明するか、という発想にもなりかねませんね。

 

当サイトでは本当に必要な情報を効果的に理解してもらうために、安全対策に関する情報の優先順位を正しくつけることが重要だと考えています。また、なぜこの情報は何度も強調し、なぜ別の情報は簡単にしか触れないのか、を説明できるようにしておくことも大切だと考えます。この二点がしっかりできていれば、効果的な安全対策の実現に一歩近づきます。また、万が一海外の事業現場で関係者が被害に遭ったとしても、安全配慮義務が十分ではない、と批判されづらくなるという効果もあります。

 

繰り返すと

 

1)安全対策に必要な情報の優先順位付け

2)優先順位を付けた根拠を説明できるようにしておくこと

 

の両方ができていれば、おのずと聞き手に伝わりやすいシンプルかつ丁寧な安全関連情報の提供ができるのです。

そこで今回はシンプルに安全対策情報を伝えるために、本当に伝えるべきポイントは何か、絞り込むツールをご紹介します。

 

【次ページでは・・・リスクを分解して評価するRisk Matrixというツールをご紹介します】